キャッシングの審査で上限額が決まります

キャッシングの上限額は、審査の段階で決定することになります。
何故かと言うと、そのような法律が存在するからです。
キャッシングの場合、お金を借りる消費者やお金を貸す金融機関が勝手な判断によってお金を貸したり借りたりして良い訳ではありません。
最初から法律が存在しているのです。
しかも、キャッシングは他の融資のサービスと違って特殊な性質を持っていますので、適用される法律もそれ専用のものになっているのです。
この法律のことを総量規制と言います。
総量規制は、少額融資のサービスに対して必ず適用されることになる融資の枠に関する規制の事を言います。
キャッシングの審査の段階で上限額が決定してしまうのは、この法律が影響していると言って間違いありません。
総量規制では、これからお金を借りる人の年収を基準に融資の上限額が設定されます。
本人の年収の三分の一以上は融資できないようになっていますので、これが上限額として設定されるわけです。
もちろん、本人の年収が融資の上限額として設定されることになるわけですから、後年になって年収が上昇すればそれを証明することによって追加融資を行うことが出来るようになります。
キャッシングの手続きは非常に簡易的で、無人の契約機であっても手続きを行うことが出来る基準しか用意されていませんので、初めてお金を借りる人であっても迷うことが一切ありません。
フリーターや主婦であってもお金を借りることが出来るのがキャッシングの魅力の一つですので、利用しやすいのです。