消費者金融が行う短期無利息キャッシングのデメリットとは

近年ではキャッシングを扱っている金融機関が増えており、銀行系のように低金利のところでも比較的借入がしやすい状況となっています。そのため、消費者金融では短期無利息キャンペーンなどのサービスを行っているところもあり、顧客を増やそうとしています。
短期無利息のキャッシングというのは、消費者金融が定めた期間内はいくら借入をしても利息が一切かからないというサービスのことです。これは基本的にキャッシングの新規申し込みをしたときに限られますが、一週間から一ヶ月程度とかなり幅があります。初めて利用するときには、一定期間利息がかからないと言うことでこういったサービスがついているキャッシングを利用しがちですが、デメリットがあるかどうかにも気をつけておきましょう。
こういった無利息のキャンペーンをしている業者は、利息が発生する時期になったときの利率が高くなりがちだというデメリットがあります。もちろん、中には利息が発生した後も利率がかなり低いところもありますが、初回のみの無利息につられて高利の業者を選ぶと、長期的に見るとかえってマイナスになってしまいます。業者選びをするときには、金利やatmの多さ、融資スピード、審査の通りやすさなど、基本的な使い勝手の良さを重視して、その中で迷ったときには短期無利息などのキャンペーンで比較するようにすれば、長期的な利用や高額の借り入れであっても便利に使いこなすことができます。