キャッシング利用時の借入金に対する規定額を比較検討しましょう

キャッシングの返済方式は残高スライドリボルビング払いといって、借入残高によって毎月の約定返済額が決まっています。キャッシングの契約時に取り決めた利用限度額の範囲内で約定通りの返済をしているうちは、追加借入や繰り上げ返済も自由にできますので、使い勝手が非常によく、キャッシュカードで現金を引き出しているような感覚になりがちです。しかし、いくらでも借入をしていると当然借入金が利用限度額いっぱいに膨らんでしまい、それ以上キャッシングが利用できなくなります。
そのため、頻繁にキャッシングを利用する場合にはあらかじめ借入金の規定額を比較検討してから業者選びをした方が良いでしょう。ほとんどの業者は、最初の借り入れ可能額は少なめに設定していますが、信頼性が高くなれば徐々に利用可能額を増額していきます。そのため、利用可能な金額の上限が高いところで契約しておけば、将来的にはかなり高額の融資を受けることも可能となります。
ここで気をつけておきたいのが、総量規制です。銀行系以外の融資については、年収の3分の一以上の融資は禁じられていますので、金融機関同士で比較すると、銀行系で借入をしておいた方が年収に関係なく限度額を上げてもらえる可能性があります。但し、審査に通りにくいということと、融資までに時間がかかるというデメリットがありますので、利用するときにはそれぞれの金融機関の特徴を十分に確認したうえで申し込みましょう。